解消法をやり過ぎもよくない

ストレスの多い現代、解消するために色々な方法が提唱されています。
仕事が原因でストレスがたまっている場合には、ストレスの根本原因である仕事をやめるわけにはいきませんのでストレス解消法を使ってストレスをなくすのがいいのですが、あまりやりすぎもよくありませんので気を付けてください。
やりすぎがよくないのには中毒性と経済的な損失などが原因としてあります。例えばアルコールやパチンコ、そして買い物などはストレス解消にはいい方法なのですが、やり過ぎは大変なことになるのです。
これらは依存症を発祥してしまうのです。依存症になりますとこれがなければもうストレスがたまってしまうようになります。そうならないようにするには続けなければいけませんのでかなりの経済的な損失になるのです。

アルコールの場合は体を壊してしましますし、買い物やパチンコの依存症の場合は破産の原因にもなります。
経済的な損失の少ない方法といえば運動をするという方法もあるのですが、これもあまりやりすぎますと体力を消耗してしまい、仕事に支障をきたしてしまうこともあるのです。
会社が終った後で運動をする場合には特に気を付けてください。
カラオケなどもストレス解消法にはもってこいなのですが、これもやり過ぎてはいけません。のどを痛めてしまいますしポリープのできる要因ともなるのです。
アロマなどはどうなのでしょうか、これは比較的やりすぎによる被害がない方法のように思いますが、実はアロマには副作用のあるものもあります。

もちろんそれを知っての上でストレス解消法として使っているのであれば問題はありませんが、そうでない場合には大問題です。このようなことにならないようにするためにストレス解消法はいくつも持っておくようにしてください。
次々と変えていくと一つのことで中毒にならずに済みます。ストレス解消法のやりすぎが原因で新たなストレスができてしまうようでは本末転倒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です