電話会社と価格競争の基本

日本では現在、それぞれの携帯電話会社が価格競争を繰り広げているという実態があります。

価格競争の基本の知識としてもっとも大切なことは、販売するサービスや商品が安ければ安いほど、ユーザーは安いところを利用するという市場原理です。

このような市場原理がはたらくことによって、市場が活性化し、価格が安くなってユーザーにメリットがあるだけではなく、サービスや商品の技術の発達にも寄与しているわけです。

携帯電話会社の価格競争の場合、携帯電話端末の代金だけではなくて、月々の電話料金なども考慮する必要があります。

それぞれの携帯電話会社は、携帯電話端末代金をほかの会社よりも安くしようとして、どんどん価格を引き下げることによってユーザーを集めようとするわけですが、その場合、月々の携帯電話の基本料金が高く設定されてしまうというデメリットもあるわけです。

つまり、携帯電話会社が会社の利益を確保しようとすれば、価格競争によって携帯電話端末の代金を安くするかわりに、月々の基本料金が高くなってしまうというカラクリがあるわけです。

ですから、価格競争の基本として、ユーザーも携帯電話会社もどちらもメリットがあるようにするためには、過剰な競争原理がはたらくということは避けたほうが良いということがわかります。

競争原理の知識はこのようなものが基本ですから、ある程度は、国が規制する必要がある場合もあるわけです。

基本的には、バランスをとることが必要になります。