電話会社がおこなっている悪循環

電話会社が新しい顧客を獲得する為に力を入れているのが、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)です。

MNPとは、電話番号そのままに、他社携帯会社へ乗り換えができる制度。

ユーザーにとって電話番号が変わらないのはメリットですが、切り替える手続も面倒ですし、これだけで携帯会社を乗り換えようと思う方は少ないかもしれません。

そこで、MNP顧客をたくさん獲得する為に、携帯本体代金を一括0円と値引きしたり、月額利用料の割引を機種変更の場合より大きくしたりと、各社、価格競争に躍起になっています。

ユーザーからしてみれば、今の会社で機種変更をするよりも、携帯本体代金が安くなり、月額利用料も安くなりますから、電話番号が変わらなければ乗り換えようという人が増えるというわけです。

しかし、乗り換えた人がその後も継続してその会社を使うでしょうか?

今の携帯会社は、2年間の最低利用期間を設けている所が多いですが、例えばその最低利用期間を経て、いざ機種変更しようと思った時、ある事に気が付きます。

それは、同じ会社で機種変更するよりも、また別の会社に乗り換えた方が安いという事です。

一度でもMNPをした事がある方なら、携帯会社を乗り換える事に抵抗も少ないですから、結局、2年ごとにMNPしていく事になります。

新規顧客を獲得しようと始めた割引プランのせいで、結局、顧客流出に繋がってしまっているという悪循環が、各携帯会社の問題となっています。